ルーフタワー建設記録です 画像をクリックすると大きくなります

 ●アンテナ建設計画
 ・平成28年夏に仕事で大きな節目を迎えることとなったため心機一転、新居に引っ越しすることとなった。その際
  ほぼ当然の気持ちで永年の夢と言ってもいいだろうタワーの建設を計画に盛り込む。
 ・これまでの家は山間だったため、過疎化と高齢化で唯一の公共交通機関であるバスが路線ごと廃止となった
  事もあって、歩いて病院や買い物に行ける街に出ることにした。
 ・そんなに高くなくてもいいけど自立タワーが夢だったものの、足腰も眼も弱りいつまで自分で登り降りできるだろう
  か、日々のメンテナンスはいつまでできるのだろうかと現実的に考え半分泣く泣く屋上バルコニー+ルーフタワー
  という構成にする決心をする。
 ●機材の収集
・最初に入手したのはローテーター。
 メカは新品で揃えるべきだったかもしれない。クリエートか八重洲かと思ったのだが、高校生の
 頃の憧れだったエモテーターがどうしても欲しかったので、オークションで程度の良い105TSを
 落札してしばらくローテーターのみの期間が過ぎる。
・サンスポットも最低のこのCONDXだが、やはり14/21/28MHz。14MHzってやっぱデカいなぁ・・
 14MHzを諦めるかしばし悩んだ末にミニマルチのミニビームにする。
・アッテネーターを入れたように静かだとか言われるが「結構遊べるよ」との記事@記事A
 信用する。受注生産で注文してから3週間程で届き梱包のコンパクトさと軽さに驚く。
・屋上バルコニーは天井高さ1.4mのグルニエの窓から出入りする。猫の額
 ほどのスペースしかなくステーの角度を考えるとあまり高いルーフタワーは
 無理っぽくナガラの4mものにする予定だったが悩んだ末クリエートの3.1m
 ものにする。後から考えると4mでもよかったかもしれない。
・クリエートのマスト(M2:49Φ×4m)を合わせて注文する。
・デベグラスワイヤー/シンブル/ワイヤークリップ/シャックル/ターンバックルは
 溶融亜鉛とかステンレス製をオークションやネットで少しずつ集めるも結
 構な金額になってしまう。同軸ケーブルは消耗品と割り切って新しくする。
・144MHz/430MHzの八木をついでに新品で揃える。元々HF中心なの
 で430MHzは10エレ、144MHzは5エレでいいやと・・
 ●ルーフタワー足場の準備
・ホームセンターで厚い板を買ってその場で切ってもらう。あっという間の1カット数十円で驚く。
・それなりの塗料を塗る。屋上バルコニーの防水シートを傷めないように板の下にその昔親父
 が使っていたルームランナーに敷いていた分厚いゴムマットを切って敷く。
・左にあるのは一緒に塗装した自作の眼鏡スタンド
 ●HFアンテナの組み立て
・多くのパーツが小分けされています。フェーズラインやスタブもしっかりした
 作りです。
・いつかは使おうと40年くらい思っていた導電グリスとテナーコートを使う日
 がやって来た。テナーコートはスプレーだと勝手に思い込んでいたのだが
 ハケで塗るのは正直面倒で適当になってしまう。
 ●ルーフタワーの組み立て
・穴の位置が合わないなどということは全くなく、ボルトが多いので手が疲
 れること以外は問題なく簡単に組み上がる。
・タワーの下部をロープで仮固定して上部を結合する際も1人でなんとか
 できました。
 ●架設の段取り
・ルーフタワーに上からマストを通すのは困難そうなのでデベグラスのステーを仮止めしてから側
 面のブレースを一旦外し、VHF/UHFアンテナとトップカバー、マストベアリング付きのマストを
 横から立て掛けます。
・トップカバーやブレースを元に戻し、ステーを正式に張ってからマストを滑車とロープで吊り上
 げます。    架設の詳細
 ●完成〜微調整
・ローテーターの方向を合わせる。目の前に富士山が
 あるから真北だと思い込んでいたら少しずれていた。
・マストに付けた滑車でHFのアンテナを吊り上げ固定。
・いつかは使う日が来るだろう柱上安全帯、マストに括
 り付け両手を放してみる、たかだか3mでもこれは怖い。
 ●同軸ケーブル類の成端
・あんまり見かけない屋外防水型のデュープレクサが
 手に入ったのでVHF/UHFを1本にまとめました。
・ローテーターケーブル、同軸は予備2本を含む5本と、
 連絡線として4芯のケーブル1本を束ねて引き込む。
 シャック内の取り回し長さを見誤り全体的にギリギリ。
 ●ロングワイヤーの設置〜ひとまず完成
・HFがミニビームだったこともあり、なんとか1人で完成す
 ることができました。とりあえず7MHzと10MHzに出られ
 るようにロングワイヤーを張りました。
・走れば3分で行ける新幹線駅のホームからよーく見る
 とアンテナが見えます。
 ・HFロングワイヤーは7MHzでは呼ん
 でも無視され3.5MHzは問題外なの
 でダイポールを張りました。
  3.5/7MHzローディングDPの製作