HFのワイヤーアンテナを更改しました 画像をクリックすると大きくなります

 ●HFワイヤー系アンテナ更改計画
・HFローバンドは3.5/7MHzのローディングダイポールを自作し、短い割にそこそこだったのだが、調整用
 ヒゲが長すぎるなどいまいちだったため改良したところ逆に悪くなってしまっていた
 今年は大型台風が数多く来て、ナイロンロープが切れたりしていたので全面更改を考えていた
・ワイヤーアンテナを更改するなら、10MHzもちゃんとしたダイポールにしたいとか、18/24MHzなど滅多
 に出ないけど張っておきたいなどと思うようになった
・何かの拍子に、JJ1EPE局のKelemenアンテナレポートを見つけて3.5/7MHzのを買ってしまおうかと
 いう気になって調べていたら3.5/7/10/18/24MHzのトラップダイポールもあって悩んでいたのだがお酒
 の勢いでつい、うっかり購入してしまった、そう、1ユーロが何円か確認もせずに、、、
Kelemenアンテナレポート
 ●ドイツKelemen製トラップダイポール 80/40+WARC
・こんな感じの箱に入って1週間くらいで届きました、非常に軽いです
・エレメントは柔らかく扱いやすいです
・取扱説明書などはないのでネットからダウンロードします
・調整方法もなんだか曖昧です、直訳しているからなのかか「大変興味
 深い動きをします」じゃなくて、どこをどうすりゃいいんだよと思います
ダウンロードした説明書
 ●トラップの詳細
こんな感じ  給電部 24MHz 18MHz 10MHz  7MHz
・トラップはテフロン同軸を丸く巻いて結線バンドで留めてるだけです、1ヶ所結線バンドが外れて
 いました
・構造が簡単でとにかく軽いのが特徴です、これは自作できるのではないかと思います
・結線バンドの劣化には注意しないといけないかもしれません
・給電点は透明なケースで中が見えます、トラップはアクリルのような四角の筒に樹脂を充填して止
 めているようです
・箱から出した時点でのデータをメモしておきました
購入時データ
 ●張ってみた
・エレメントは全長11mなので7MHzフルサイズくらいですが、残念ながら当局の敷地はとても狭く7MHz
 フルサイズもそのまま張ることができません
 屋上に3m(2m+1m)のアルミパイプを少しちゃんとした屋根馬で2組建てて、その間に張れるだけ張って、
 両端とも斜めに張っています
・自由空間には程遠く、隣家も含む建物の影響も多分に受けていると思います、ベントの角度もこの角度
 にしようと思って張った訳ではなく、張れるように張ったらこの角度になっていたというものです
展張の様子

・5バンド全部でうまくSWRが下がらないのではないかと思いながら張ったところ3.5/7/18MHzで200kHz
 程低く、10MHzで70kHz、24MHzでは300kHz低いところに共振しており、調整で追い込めそうな期待
 が持てました
・思えばこの時点で10MHzだけは他と違う感じだった、これが後まで尾を引くことになります
@そのまま張った状態
 ●こう調整する?
・同じ円周で一番面積の大きいのは円なので、円を変形すると断面積が減りインダクタンスが減って、
 トラップの共振周波数はインダクタンスの平方根に反比例して高くなり、同時に1つ下のバンドの共振
 周波数が下がるという仕組みのようです
・つまり、長い(共振周波数が低い)時は対応しやすそうだが、短い(高い)時は対処しにくいことが想定
 され、実際10MHzでそれが起きてしまいましたが、たぶんこうやるのかなと思うフローを描いてみま
 した
・また、トラップとトラップの間のエレメントは固定されていて長さを変えることができません、ここ
 は調整ヒゲが欲しいところです、そうすれば10MHzも救済できそうな気がします
調整フロー
 ●いたちごっこの末に 
・給電点のエレメント長の調整
  ・エレメントを5cm程短くしたことで、24/18MHzはちょうどよくなった半面10MHzが短すぎる
  感じになる
  ・この長さ調整は18/24MHzに効くほど10MHzには効かない
  ・長めにしておきトラップの変形で周波数を上げるのが主な調整法だとするとここで高めに
   設定してはいけないことになる、この時点でトラップの形状には手を加えていない
  ・18/24MHzには大きく影響するが、3.5/7MHzにはあまり影響しない
・エレメント端の長さ調整
  ・カット・アンド・トライの結果、53cm程切断して3.5/7MHzがバンド内に収まり始める
  ・このエレメント長調整は10/18/24MHzにあまり影響しない
  ・3.5MHzの変化に比べて7MHzの変化は大きくない
・この時点で5バンドの真ん中の10MHzだけあまり効果的な調整ができず途方に暮れる・・・
A第一段階の調整後

・高いバンドからトラップを変形し共振周波
 数を上げる
・全体を長めにし過ぎるとトラップの変形で
 もバンド内に収まりきらなくなる
・18MHzのトラップの変形は10MHzの共振
 周波数の低下へは思ったより効かない
24MHzトラ
ップの変形 
18MHzトラ
ップの変形
7MHzトラ
ップの変形

・18/24MHzはそんなに運用しないだろうと思っていたが、いざ追い込み始めると5バンド共追い
 込みたくなります
・リグのオートチューナーを使わなくても良い状態まで追い込みたくなって、悪戦苦闘することにな
 ります
・10MHzの救済が思うようにいかず、給電点の角度を変えてみようかと思い立ち、いろいろ試し
 てみると90°近い状態の時に10MHzは完全に救済できることが分かる
・しかしこの時18/24MHzはSWRのディップが浅くなり90°は断念し元に戻す、この時3.5/7MHz
 にはあまり影響しない
・闇雲ついでに、給電点を2本のアルミポールの中間に水平にしてみたが、10MHzに大した影響
 はなく、むしろ24MHzが完全にNGとなてしまい、これも元に戻す
・10MHzは絶対的に短いままで、ギリギリセーフなところまで追い込み、18/24MHzのトラップを再
 調整した
・3.5/7MHzの確認のためエレメントを再調整し9cmエレメントを継ぎ足した(当初から44cm切断
 した状態に相当)
B第四段階の調整後
給電点  10/18/24MHzトラップ   7/10MHzトラップ  
・トラップ間でエレメントを吊
 る必要があるため3C2Vの外
 被をエレメントに巻いてナイ
 ロンロープで吊っています
・これを機に屋根馬の足回りも
 改善、ゴムマットを敷いて塗
 装した板を敷きました
・ステーも新しくしました

・10MHz救済のためベント角度を狭くしていたがエレメント全体が低くなり隣家との間に殆どが
 隠れており、見た目にも飛ばなさそうな感じだった
・エレメント端が手が届きそうな高さであることも危険であるので、ベント角度を元に戻しエレ
 メント高さを確保した
・給電部でのエレメント長を最大限にした
・3.5MHzエレメント長を一旦元に戻し、最初から調整をやり直した
・24MHz→18MHzの順にトラップを変形し追い込むが10MHzは思ったより下がらず救済は叶わな
 かった
・3.5MHzの調整ではエレメント長は6cm継ぎ足した(当初より38cm切断した状態に相当)
・10MHz以外はリグ内蔵のオートチューナも必要ありません  
C最終調整