モービルシャックの紹介 画像をクリックすると大きくなります

 ●モービル更改 September 2017
・昔のKangooからKangoo Bebopに更改しました、カタログ落ち
 して久しく中古をネットで全国検索、埼玉県北部から購入
・今のKangooUの後ろを切った感じのちょっとヘンなクルマです
・グラストップ&サンルーフですが屋根後部が開きます
操作部はとりあえずここに設置
高さや角度を変えられます
本体は運転席下
RTTY用I/Fも
電源はとりあえず
シガーソケットで
スタンバイスイッチ
はとりあえずここ
マニュピレータの
ソケットを設置
・アンテナを付ける場所がなく苦慮、HF/VUHF
 用に2個付けられず、デュープレクサ入れてます
・モービルマイクも付けました
 クルマの色に合わせて赤の風防にしています
 ●モービルセッティング完了 さらに微調整
・ベースキャリアに付けるスキー用キャリアに
 アンテナエレメントを固定するよう改良
・3cm厚の硬質スポンジをキャリアに合うよ
 う加工して、切れ目を入れてエレメントを
 差し込みます
・V/UHFは偶然、キャリアのフックに丁度
 コイル部が固定でき、スポンジが不要に
三保からの富士山 HF先端の固定 V/UHF先端の固定
・操作部の固定が、可動式の後部座席確認
 用のバックミラーだったので、どうも振動でブラ
 ブラするのと、配線も空中配線のような感じ
 がしていたので、アングルを作って天井に近い
 所に固定しました。
・配線もすっきりして見えにくくなりました
専用アングルを
作ってみました
いい感じの角度
で固定できました
空中配線もなくなり
すっきりしました

HF〜50MHz V/UHF ・ルーフレール直付けが気になりだして、通販でベースキャリア
 を購入
・ベースキャリアにHF〜50MHzと144/430MHzのアンテナを付
 けました
・どちらも可倒式ですがV/UHFは普段も立てています
・後部座席確認用の小さいバックミラーに束線バンドで固定し
 ていましたが、やはり気になって全面的にやり直しました
・カー用品店でバックミラーに固定するワイドミラーを購入、固
 定部分だけ切り取ってそこにIC-706mkUGM操作部の固
 定金具を付けました
・PTTスイッチはオーバーヘッドコンソールの縁に両面テープで
 固定
・フレキシブルマイクはサンバイザーに固定、青い風防がなく
 黄色に
・外部スピーカーは、いい取付場所がなくオーバーヘッドコン
 ソールに引っ掛けただけ、頭の真上から音が聞こえてFB
・IC-706mkUGM本体はモービルブラケットに付けてトランク
 内に縦置きに強力マジックテープで固定しました
・助手席下にCW用のマニュピレータ接続用ジャックを固定
 しました
 右打ちと左打ちの切替SWを付けてあります
 ●新しいモービルにリグ・アンテナセッティング奮闘中
・電源容量は多くないですが、電源がトランクまで来ているので便利です
・トランク内に意外といい固定場所がなく、当面こんな格好で我慢します
・前車で使っていたマットとゴムベルトで固定しました
・トランクはやたら広いので余裕ですが、もう少し端っこに効率よく設置
 したいところです
・アンテナ基台はクルマがFからJAに来てから付けてもらったルーフレールに
 固定
・前はアルミのルーフキャリアだったのでGNDが効きましたが今回は悩み所
 の1つです
・DIAMONDの磁石式GNDマットを購入してあります予備実験ではびっくり
 の効果あり
・カングーには元々、後部座席を確認するための収納式の小さいミラーが
 付いています
・これにIC-706mkUGMの操作部を付けられないかと検討しました
・5mm厚の塩ビ板と8mm厚の硬質スポンジのクッションで、ミラーとほぼ同じ
 大きさのスペーサーを作ります
・これにモービルブラケットを固定します
・後部座席確認用ミラーに束線バンド2本で固定します
・IC-706mkUGMの操作部を取り付けるとこんな感じになりました
・ミラーは上下左右に少し動くので、向きを変えることができ、助手席から
 の運用にも対応できそうです
・カングーには、後部座席上部に飛行機式収納棚が左右に
 2個ずつ付いていて、中に仕切りがないので長尺モノがらくら
 く入ります
・右サイドには、アンテナ調整用六角レンチ、同軸コネクタの
 小物とホイップ本体、3.5MHz〜28MHzのオプションコイルを
 収納しました
・左サイドには、毛布やタオル、温泉グッズなどを入れてあります
 ●通常のモービル運用
 ●コックピット
当局のモービル運用はドライ
 ブ途中の買い物やトイレ休
 憩などのちょっとした合間の
 ゲリラ的な運用が基本
です。
アンテナを可倒式の基台に
 付け通常は倒してあり
ます。
 TVアンテナのフィーダーのホ
 ルダーで
エレメントを支えて
 います。



通常の運用スタイル
(於 親不知海岸)



走行時の状態
IC-706mkUGM(50W)を
 運転席のシート下へ設置
 操作パネルは適当な角度
 がつくよう間に木製サポータ
 を挟んで灰皿に取りつけて
 います。
助手席シート下にTNC241
 を設置して、運転席下の
 IC-706のデータ端子へ接
 続
、パケットとRTTYにも出
 られます。


HF〜50MHz 144/430MHz 助手席下のTNC-241
 ●フィールドデーキット
 ●電源コントローラー
 

・オプションコイルはねじ込
 み式なのでバンド切替の
 度にペンチが必要になり
 ます。そこで窓に付けた金
 網に太めのアクリルパイプ
 を固定し差しこんでいます。

・ついでに同軸ケーブルやナ
 イロンロープ、六角レンチ
 等の道具も常備してます。


・電圧計、電流計付電源
 コントローラーは、イグニッ
 ションキーが ONの状態
 でON LINESWを押すと
 バッテリーから直接給電と
 なります。

・イグニッションキーを抜け
 ば制御リレーが復旧して
 バッテリーが開放して、過
 放電を防ぎます。
 ●HFアンテナ
 ●マニュピレータ
・1.9MHz〜28MHz(WARC
 バンド含む)のコイル群。
 自作は1.9MHzと3.5MHz
 用のコイル。

・シフトノブ近くに自作マニュ
 ピレータを固定している。
 万一に備え外部電鍵端子
 も装備している。
マイクコントローラースタンバイスイッチモービルマイク
 ●モービルマイク
 ・シフトノブ左にマイクゲインコントローラー、ハンドル
  右にスタンバイスイッチを固定している。
  マイクはサンバイザーの固定ネジに。