その他のコーナー  画像をクリックすると大きくなります

 ●マスト一体型ローテーターの改造
・先日、オークションで自作のマスト一体型ローテーターを見つけ買ってしまいました。
 個人で作られたとは思えない精巧さに驚きました。
 430MHzの10エレくらいはOKとのこと、当方1200MHzの10エレループ八木がターゲットだったので余裕です。
・ちょうど固定局のローテーターのベルトが切れて交換する際にVRを触ってしまい方向合わせに少々手こず
 った後だっただけに、せっかくだから方向を表示するようにしようと思い立った次第です。

VRの改造 回転検出部 段ボール箱コントローラーと本体 1200MHz10エレ

・ローテーターに使われている600Ωの360度回転のVRは普通には手に入らないので1kΩのVRを分解して
 ストッパー部分をカッターで削ります

・角度の検出にはマストに接するゴムの円盤でVRを回しますが、マストはΦ25でゴムの円盤はΦ50のもの
 しか手に入らなかったので、回転数1:2で検出することにしました。なのでVRの改造は不要でした。
・5芯のケーブルをコネクタを介して接続します。
・コントローラのメーターはオークションで入手したジャンクのコントローラーから外した再利用。
・移動の計画にケース加工が間に合わずダンボール箱です。段ボールケースは加工がラクで
 メーター用の丸い穴も1分かからず開きます、箱が大きいので中身はスカスカです。
・移動の前夜になって慌てて雨対策のため2ℓペットボトルでカバーを作りました。
・夜間にメーターが見えないのでランプも付けました、反射板を気休めで付けました。
回路図 
 ●1.9MHz EHコントローラーの電源SW
・EHアンテナは同軸にDCを重畳してSWRを調整します
・コントローラーはACアダプタから常時電源が供給され
 ているので、うっかりトグルSWに触ってしまってSWRが
 ズレてしまうことがありました
・そこでLEDのPL付きのSWを付けただけです
・トグルSWの方が加工がラクですが、ケースと同じ色の
 波型SWがあったのでそれにしました
プラスチックでも
四角の穴開け
は面倒ですね
目が見えず細かい作業は億劫です
シャックに戻すと、こんな感じです
 ●4回路同軸切替器の修理
・オークションで入手した中古のDAIWA CS-401を3個使って
 いますが1個だけ接触が悪くフタを開けてみると接点復活剤
 などで回復しそうになく接点バネを押さえる部分の物理的
 な問題のようで厄介そうでした
・ところが、小学校の頃からのジャンク箱になぜか機構部の
 新品が2個ありました、いつか使えるかもと思っていましたが
 まさかの出会いです
なぜか新品がある 復活しました
 ●エモテーターコントローラーの修理
・エモテーターの105TSを使っています
 が何の前触れもなくコントローラーの
 ゴムベルトが切れました、よくある事
 のようですが厄介です、とりあえず輪
 ゴムで応急処置しましたが、これで
 はまずいだろうとオークションで代用
 品のOリングを入手しました
切れたゴムベルト 輪ゴムで応急処置 オークションで入手
・写真付きのベルト交換の取説を付けてくれていました
 ゴムベルトを交換するにはギアボックスを一旦バラさない
 といけないのですがこれを全部外してしまうと戻すのが
 大変なので4個のネジのうち左側の2個は緩めるだけに
 しろとの事、輪ゴムに交換した時にもう往生してました
・今度はランプが切れそうだな、、、と思います
いい感じです  復活しました
 ●VIBROPLEX Iambicの整備
・永年愛用してきたVIBROPLEX Iambicの接点を調整し
 ようとしたら落とした記憶はないが接点調整ネジが曲
 がっていました
・慎重にネジを直そうとしたのだが、折れてしまい補修
 パーツを取り寄せて石鹸で洗って金属磨きで磨いたら
 ピカピカになって復活しました
・ついでにカツミのKM-22も分解して掃除しましたが、メカ部分の錆は年代
 相応です
・金属の台は塗装し直しましたが色が少し明る過ぎました