周辺機器の自作紹介です 画像をクリックすると大きくなります

 ●コンテスト用 4ch PICメッセージキーヤー
まずは前面背面
パネルを作ります
VRやロータリー
SW用のサブパ
ネルも作ります
40年前開局の年
のKM-22から外し
たメカ部分
NiCd×4本を浮
動充電するよう
にしました
少し大きめのタ
クトスイッチに変更しました
背面に外部電
源用メインSW
を追加しました
元々はキットです。パドルはKM-23の赤いものに変更。タクトスイッチの高さはたまたまケース面にスレスレのレベル、逆にそれがスタイリッシュ? PICを焼き直してもらいましたTNX JF2IKJ 穴開け加工精度
が悔やまれる
 ●ポータブルナビ用電源
 ・ポータブルナビを入手しました。シガーライターにアダプタ
  を付けるのですが、モービルのシガーライターは灰皿の中
  にあるので、年中フタを開けておかないといけません。
 ・そこで12Vから必要な5Vを得るDC-DCコンバーターを作り
  ました。消費電流は1.5A程で一般的な三端子レギュレー
  ターでは容量不足なので、HRD05003Eという、3Aの降圧
  タイプのスイッチングレギュレータ を使いました。
  秋月電子通商で1個300円でした。ちょっと大きいですが
  出力電圧の調整も可能です。
回路図  入手先
 ●出張用マニュピレーター
 ・出張時などに使う極小マニュピレータを作りました。
 ・コンテスト用でもないので、使い心地や耐久性などは一切考慮せず、とりあえず使えることだけを考えて
  います。出張時のゲリラ的運用には使えそうです。
Whiterook社MK-44をイメージ
して作りましたが、似ても似つ
かぬものになりました。

VIBROPLEX Iambic
Deluxeとの比較

FT-817の上に乗
せてみました。
●●   
パドルはVIBROPLEX Iambic
の割れたパドルのかけらを削
って作った贅沢品です。
 ●電源コントローラー
●●


 ・しばらくは、シガーライターソケットから給電していましたが意を決してバッテリ
  からの直接給電にした際、電流計電圧計をつけました。
 ・イグニッションキーをONにすると、シガーライターから12Vが供給されSTBY
  ランプが点き、ONLINEスイッチを押すと補助リレーが動作し自己保持します。
  補助リレーが動作すると主リレーが動作しバッテリから直接給電されSTBY
  ランプは消えます。
 ・イグニッションキーをOFFにすると、制御リレー及び主リレーが復旧してバッテ
  リは開放され、リグの電源スイッチの切り忘れによるバッテリ過放電の心配
  はありません。
 ・メイン電源は裏面のメタルコンセントから、パネル前面にはアクセサリ用9V
  の三端子レギュレーターを介したハンディ機用の電源コンセントなども付けて
  あります。
                                          回路図
 コンパクトエレキー
 ・ポータブル機を持って行く移動運用の際に電鍵を持ち歩くのが面倒なのでコンパクト
  エレキーを作りました。
 ・中身はサーキットハウスのキットで値段、大きさ、機能ともによくできています。
 ・問題は
マニュピレータを如何に小さく作るかですが、今回は工作の容易性から1mm
  厚のアルミ板を用いたので、しなってしまい操作性はあまりよくありませんが、簡易
  な構造なので移動先で壊れる心配も少なく、とりあえず持ち歩くのには適しています。


  機構部図
 ・このC-MOSのエレキーは、電源電圧が9〜15Vくらいで動作することが使いやすい
  条件の1つでもありました。また、006Pの電池で回路に直列にLEDを入れると電流
  がちょうどよく、キーイングのインジケーターになり、定番にしていました。
  最近のPICエレキーは2.5〜5Vで動作し、単三電池2本でも動作する上に消費電流
  が少ないので、QRP機などに組み込むのに最適ですが13.5Vで構成されてるQRP
  機には組み込みにくかったので基板ごと移設してしまいました。空いたパドル付き
  ケースはもったいないのでここにPICエレキーを入れてみました。単三電池が入ら
  ず、単四にしました。サイドトーンも付いています。
 ●マイク、エレキー、SP切替器
 ・ケンウッド、八重洲、アイコムの各社のリグのマイク、スピーカー、エレキーの切替器
  を作りました。
 ・切替器の中にスピーカー、エレキーユニットも組み込んでいます。
 ・元々CW専門なので、やはりマイク切替器は当局には不要でした。
C:\WEBSHARE\WWWROOT\hmbw\micsel_s.jpeg

  マイク端子図