周辺機器の自作紹介です 画像をクリックすると大きくなります

 ●1200MHzアンテナ直下型プリアンプコントローラー
・1200MHzアンテナ直下型プリアンプを設置しました
・IC-911DのACCソケットから電源やSTBY制御信号を取っている
 ので、常時プリアンプがONなってしまいます
・そこで、13.8VのON/OFFのスイッチを付けました、コントロー
 ラーなんて大げさなものではなく、ヒューズを通してON/OFF
 しているだけです
フロント面 リア面
・買いだめしてあったお気に入りのインス
 タントレタリングを引っ張り出しました
・古くてく転写できなかったり余計なもの
 まで剥がれてしまったりかなり手こずりま
 した
・レタリング固定剤は殆ど残ってなく、イン
 レタ自体も最近見ないような気がします
懐かしいインレタ インレタ固定剤 シャックに配置
 ●コンテスト用 4ch PICメッセージキーヤー
まず前面・背
面パネルを作
ります
VR/ロータリー
SW用のサブパ
ネルも作ります
40年前開局
年のKM-22か
ら外したメカ
NiCd×4本を
浮動充電する
ようにしました
少し大きめの
タクトSWに変
更しました
背面に外部電
源用メインSW
を追加しました
元々はキットでパドルはKM-23の赤いものに変更。タクトSWの高さは意図
せずケース面にスレスレのレベルになって、逆にそれがスタイリッシュ?
途中でおかしくなったPICを焼き直してもらいました、TNX JF2IKJ
穴開け加工精
度が悔やまれる
 ●ポータブルナビ用電源
・ポータブルナビを入手しました。モービルシガー
 ライターは灰皿の中にあるので、年中フタを開け
 ておかないといけません。
・そこで12Vから必要な5Vを得るDC-DCコンバー
 ターを作りました。消費電流は1.5A程で一般的
 な三端子レギュレーターでは容量不足でHRD05003E
 という3A降圧タイプのスイッチングレギュレータ
  を使いました。秋月電子通商で1個300円。
 少し大きいですが出力電圧の調整も可能です。
回路図  入手先
 ●出張用マニュピレーター
・出張時などに使う極小マニュピレータを作りました。
・コンテスト用でもないので、使い心地や耐久性などは一切考慮せず、とりあえず使えることだけ
 を考えています。出張時のゲリラ的運用には使えそうです。
Whiterook社MK-44をイメージ
して作りましたが、似ても似つ
かぬものになりました。

VIBROPLEX Iambic
Deluxeとの比較

FT-817の上に乗
せてみました。
●●   
パドルはVIBROPLEX Iambic
の割れたパドルのかけらを削
って作った贅沢品です。
 ●電源コントローラー

・しばらくは、シガーライターソケットから給電していましたが意を決し
 てバッテリからの直接給電にした際、電流計電圧計をつけました。
・イグニッションキーをONにすると、シガーライターから12Vが供給さ
 れSTBYランプが点きONLINEスイッチを押すと補助リレーが動作
 して自己保持します。
 補助リレーが動作すると主リレーが動作しバッテリから直接給電さ
 れSTBYランプは消えます。
・イグニッションキーをOFFにすると制御リレー及び主リレーが復旧し
 てバッテリは開放され、リグの電源スイッチの切り忘れによるバッテリ
 過放電の心配はありません。
・メイン電源は裏面のメタルコンセントからパネル前面にはアクセサリ
 用9Vの三端子レギュレーターを介したハンディ機用電源コンセン
 トなども付けてあります。             
  回路図
 コンパクトエレキー
・ポータブル機を持って行く移動運用の際に電鍵を持ち歩くのが面倒なので
 コンパクトエレキーを作りました。
・中身はサーキットハウスのキットで値段、大きさ、機能ともによくできて
 います。
・問題は
マニュピレータを如何に小さく作るかですが今回は工作の容易性か
 ら1mm厚のアルミ板を使ったのでしなってしまい操作性はあまりよく
 ありません
 が簡易な構造なので移動先で壊れる心配も少なく、とりあえず持ち歩くの
 には適しています。


  機構部図
・このC-MOSのエレキーは電源電圧が9〜15Vくらいで動作することが使い
 やすいところです。006Pの電池で回路に直列にLEDを入れると、電流が
 ちょうどよく、キーイングのインジケーターになり定番にしてました。
 最近のPICエレキーは2.5〜5Vで動作し単三電池2本でも動作する上に消費
 電流が少ないので、QRP機などに組み込むのに最適ですが13.5Vで構成
 されてるQRP機に組み込みにくかったので基板ごと移設しました。
 空いたパドル付ケースはもったいないのでPICエレキーを入れてみました。
 単三電池が入らず、単四にしました。サイドトーンも付いています。
 ●マイク、エレキー、SP切替器
・ケンウッド、八重洲、アイコムの各社のリグのマイク、スピーカー、エレ
 キーの切替器を作りました。
・切替器の中にスピーカー、エレキーユニットも組み込んでいます。
・元々CW専門なので、やはりマイク切替器は当局には不要でした。
C:\WEBSHARE\WWWROOT\hmbw\micsel_s.jpeg

  マイク端子図